banner

出刃包丁の選び方

堺の出刃包丁選び方


堺で発展した刃物作りの技術は伝統工芸としても有名で、堺打刃物として多くの人々の憧れです。最近は自宅で本格的な料理を趣味とする方もいます。
堺打刃物は本職の料理人の御用達でしたが、こだわりを持っている方には一般家庭で使う方もいるでしょう。
包丁には値段や種類、素材等様々なものがあります。自分に合った一本の選び方にはどのようなポイントを重視すれば良いのでしょうか。多くの使い道があるものが欲しいという方には三徳などの万能タイプのものがおすすめです。

中にはセラミック製などの軽いものもありますので、力が無いという方はこういったポイントで選ぶと良いでしょう。そして、本格的に魚を捌きたいという方におすすめなのは出刃包丁です。
これは魚を捌くために造られたものです。もちろん肉を切ることもできるので、出刃包丁を一本持っていると幅広く使えるのではないでしょうか。

値段の違いは素材や作り方が違うということが多いです。中でも堺打刃物は憧れの包丁というだけあってかなりしっかりした作りになっています。刃の硬さ、研ぎ方、すべてにおいて高品質です。
金属は鍛えると強くなるということを聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。熱する、叩く、冷やす、ということを繰り返すことでどんどん強くなっていきます。

堺打の包丁を購入した場合、その手入れも怠ってはいけません。包丁に限らず刃物は消耗品という考えを常に持っておくと良いでしょう。

刃は使えば使うほど消耗し、でこぼことしてきます。もちろん目で見ただけでは簡単には分かりませんが、魚を捌き調理して口に入れた時にその違いは大きく現れるのです。

刃が消耗したものは切り口もザラザラとしてきます。では刃が消耗してきたらどうしたら良いのでしょうか。もう買い替えなければならないのでしょうか。包丁の刃が消耗した時は研ぎ石を使いましょう。刃を研ぐことでまた鋭い切れ味が復活します。良い包丁ほど手入れをすれば長く使うことができます。セラミック製のものは研ぐことはできないので、消耗したら買い替えることになります。お手入れが必要なのは少し面倒と感じる方もいるでしょう。しかし、手入れをして大事に使い続けることで自分の手に馴染み、自分だけの包丁になっていくという考え方もあります。出刃包丁の選び方は素材だけでなく、自分の手に馴染むかどうか、使いやすいかどうかということも選ぶポイントにしてみてはいかがでしょうか。

Copyright(c) 2014 堺の包丁が売れるワケを教えますAll Rights Reserved.